細胞の構成要素

医者

 細胞は複雑ですが、部分部分をみてみると単なる物質の集合にすぎません。では、その物質の構成要素はどうなっているのかが気になるところです。そこで、細胞の構成物質がどのようになっているかを学びます。

生体の構成元素

 物質は原子により構成されます。では、生体の構成原子の割合はどのようになっているでしょうか。以下にヒトの構成元素の重量割合を示します。

元素名 割合(重量%)
O 66.1
C 16.9
H 9.5
N 4.5
その他 3

見てわかるように大半が酸素(O)、炭素(C)、水素(H)、窒素(N)であることがわかります。では、なぜO、C、H、Nが多いのでしょうか。それを知るために構成物質をみていきます。

生体の化学組成

 まずヒトの構成物質を見ると以下のようになっています。

ヒトの化学組成

ヒトの化学組成

大半が水(H2O)です。このことから、OやHの割合が多くなることがわかります。次に多いのがタンパク質です。タンパク質は細胞へ機能を与えるのに使用される物質で、C、O、Nなどの元素から構成されます。このことから、O、C、Nの割合が多くなることがわかります。3番目に多いのが脂質です。ようするに油ですね。この脂質は細胞膜に使用されているので、量が多くなっています。

 では続いて、植物の例としてトウモロコシの構成をみてみます。すると以下のようになります。

トウモロコシの化学組成

トウモロコシの化学組成

植物の場合、水の次に炭水化物が多いです。これはデンプンとしてエネルギーを蓄えているためです。植物は動物と違い動けないので、ある程度備えが必要なのです。

最後に

 以上のことから、水、タンパク質、脂質が生体において重要であることがわかりました。次回からはこれら3つの構成物質の性質について学んでいきます。

著者:安井 真人(やすい まさと)