作用・反作用の法則

作用・反作用の法則

ある物体が別の物体に力を与えるとき、かならず自分も力を受けます。

この法則を作用・反作用の法則といいます。

ここでは、この作用・反作用の法則について解説していきます。

 

いま二つの質点A,Bがあり互いに相互作用しているとします。

作用

もし、質点Bが質点Aへ及ぼす力を\vec{F}_{AB}とすると、質点Aに関する運動方程式は

 m_{A}\ddot{\vec{r}}_{A}=\vec{F}_{AB}

となります。ここでm_{A}は質点Aの質量です。

反作用

同様に質点Aが質点Bへ及ぼす力を\vec{F}_{BA}とすると、質点Bに関する運動方程式は

 m_{B}\ddot{\vec{r}}_{B}=\vec{F}_{BA}

となります。ここでm_{B}は質点Bの質量です。

作用・反作用の法則とは、力\vec{F}_{AB}\vec{F}_{BA}において

 \vec{F}_{AB}=-\vec{F}_{BA}

が成り立つ法則のことです。

違う呼び方ではニュートンの第三法則と呼びます。

作用・反作用の法則の例をあげると、自分以外の人に攻撃したら、自分も力を受けて痛いということがあります。

ですから、ものに八つ当たりをするのは、自分のためにもやめるべきです。

著者:安井 真人(やすい まさと)