熱力学

波

これまで少数の質点について運動方程式を立てて、運動を解析してきました。熱力学では逆にすごく多い質点について考えます。どれくらい多いかというと

 N_{A}=6.02\times 10^{23}

くらい多くの質点です。この数をアボガドロ数といいます。

 このくらい多くの質点について運動方程式を立てて解くのはたいへんです。そこで、熱力学では運動方程式を解くのではなく統計的な処理を行うことでこの問題を回避します。そのため、温度や熱といった熱力学特有の物理量がでてきます。

 熱力学はエンジンや冷蔵庫など多くのところで使われています。また、日常生活の現象についても理解が深まるので、役に立つと思います。張り切って学んでいきましょう。

著者:安井 真人(やすい まさと)