確率の基礎

サイコロ

 世の中は何が起こるかわかりません。明日は晴れるかも知れませんし、雨がふるかもしれません。じゃんけんをしたら勝つかもしれませんし、負けるかもしれません。

 このわからないことを楽しむ娯楽がギャンブルです。競馬、カジノ、宝くじなど私たちはギャンブルが大好きです。生命保険もギャンブルの一つで、私たちの命を賭けます。事故で亡くなったら、1000万円もらうといった感じですね。ただ、生命保険の場合は、最悪の場合に賭けるので、最悪が少しましになるという性質があります。

 このように、ギャンブルは日常生活でよく使われます。ギャンブルに強くなるとあなたの人生が豊かになります。ですから、いかに人生におけるギャンブルに勝つかが重要となります。

 ギャンブルで勝ちやすくなるには確率を学べばOKです。確率を理解すると、株式や生命保険など多くの分野で有利にはたらきます。とても役に立つので真剣に学んでください。

確率の基礎をサイコロで学ぶ

 はじめにサイコロを使って確率の意味を説明します。サイコロは6つの目があります。ですから、サイコロをふれば

1,2,3,4,5,6

のいずれかの目が出ます。

「1がでた」

とか

「4がでた」

ということを事象(じしょう)といいます。サイコロの場合は事象が6個あるということになります。

「1がでた」

という事象は1通りだけで、

「1がでる確率」=\displaystyle\frac{1}{6}

とします。つまり、確率とは以下のようなことになります。

起こりうる結果が全部でn通りあり、そのどれが起こることは同様に確からしいとします。そのうち、事象Aが起こるのがa通りあるとき、Aが起こる確率p

 \displaystyle p=\frac{a}{n}

となります。このことから、サイコロにおいて奇数が出る確率は、奇数は1,3,5の3通りなので

 \displaystyle\frac{3}{6}=\frac{1}{2}

となります。ここで注意ですが、

確率は1を超えたり、負の数になることはありません。

パーセントと確率

 よく100パーセント勝てるとかいいますよね。このパーセントも確率のことを意味しています。そして、

確率☓100=パーセント

となります。ですから、

100%=1

となります。また、サイコロで1がでる確率は

 \displaystyle\frac{1}{6}=0.166666

なので、パーセントで表すと

 0.166666\times 100=16.666

となります。

著者:安井 真人(やすい まさと)