正の数と負の数

風呂

 子供の頃、お風呂に入ると「1から100まで数えてから出るように」と親から言われたことがありませんか?中には1000まで数えたかたもいるかもしれません。さらに10000,100000と数えていった強者もいるのかもしれません。

お風呂で数を数える

以上のように数は

0、1、2、3、…、100、101、102、…

と無限に続いていき、きりがありません。

のぼせる

数直線

無限に続く数の集まりは、無限に長い線である直線により表現できます。その直線を「数直線」とよび、以下のようになります。

この数直線を使えば、0.5や\displaystyle \frac{5}{2}といった数を表現できます。

数直線は右に続くわけですが、「数直線を左に拡張できるのでは…」と考えたのが負の数のはじまりです。

正の数と負の数

下の数直線のように数直線を左にも拡張します。

0が境になっていて、左の部分には「ー」がついていて右の部分と区別しています。右の部分を正の数といい、左の部分を負の数といいます。0は正の数でも負の数でもありません。

次の数は正の数か負の数かどちらでもないか答えよ

(1) 0、(2)-3、(3)2.3

(1)どちらでもない

(2)負の数

(3)正の数

著者:安井 真人(やすい まさと)