正負の数の加法と減法

指差す女性

 小学校まででは、正の数の計算をひたすらやらされます。例えば「1+1=2」といったかんじです。中学校では、正の数だけでなく負の数も登場します。では、負の数の計算はどうやればいいのでしょうか?というわけで、ここでは正負の数の足し算と引き算について説明します。

正の数を足す

 まず小学生に戻って、以下の計算をしてみましょう。

 1+3

答えは

 1+3=4

となります。できたでしょうか?これを数直線で書くと

となります。つまり、

正の数を足すと右に足した数(3)だけ進む

ことがわかります。

正の数を引く

ではまたまた小学生に戻って、

 4-2

を計算してみましょう。すると

 4-2=2

となります。これを先ほどと同様に数直線で書くと

となります。このことから、

正の数を引くとは数直線上で左へ進むということ

がわかります。

負の数を足す

ではいよいよ負の数へ進みます。正の数を足す場合は数直線上で右に進みましたが、

負の数を足す場合は左に進みます。

例えば

 3+(-5)

なら

のように3から5左に進んで

 3+(-5)=-2

となります。

負の数を引く

正の数を引く場合は左に移動したので、

負の数を引く場合は右に進む

と考えます。例えば

 (-1)-(-3)

なら

-3をひく

のように右に3つ進んで

 (-1)-(-3)=2

となります。

著者:安井 真人(やすい まさと)