正負の数の計算

ホワイトボードの女性

 これまでのまとめとして、正負の数を含む式をいくつか練習として計算してみましょう。ここで紹介した計算問題をとくことができれば、基本的な計算の理解は十分です。あとは、計算問題を多く解くことで、計算が早くなります。がんばりましょう。

掛け算と割り算は先に

 では以下の計算をしてみます。

 3\times (-2)+(-4)\div 2

計算の基本は

掛け算と割り算を先に計算する

ということです。あと、

掛け算とわり算の計算は同符号なら「+」、異符号なら「ー」

もおさえておきましょう。ですから、3\times(-2),(-4)\div 2を計算して

 3\times(-2)+(-4)\div 2\\=(-6)+(-2)\\=-8

となります。

括弧がある計算

次の計算をしてみましょう。

 3\times (-1)+(-3+2\times(-1))\div 5

この計算のように

括弧がある場合は括弧を先に計算します。

よって、3+2\times(-1)を計算して

 3\times(-1)+(-3+2\times(-1))\div 5\\=3\times(-1)+(-3+(-2))\div 5\\=3\times(-1)+(-5)\div 5\\=(-3)+(-1)\\=-4

となります。

著者:安井 真人(やすい まさと)