直線・線分・半直線

 幾何学の基本に直線があります。直線とはまっすぐな線のことです。直線にも線分や半直線などの用語があります。ここではこれらの用語について紹介するので、理解していきましょう。

直線・線分・半直線

 直線とは、両方向に限りなくまっすぐ伸びる線のことです。両方向に限りなく伸びるので、紙の上で書くことはできません。ただ、頭の中にはかくことができる想像上のものだと思ってください。

 紙の上に書くことができるような両端のあるまっすぐな線を線分(せんぶん)といいます。そして、片一方が限りなく伸びているまっすぐな線を半直線(はんちょくせん)といいます。

 以上述べたように直線と一言にいっても

  1. 直線
  2. 線分
  3. 半直線

の3つが存在します。これらを図で表すと以下のようになります。

直線・線分・半直線

ある2点ABを通る直線を「直線AB」とかきます。また、両端が点A、Bとなる線分を「線分AB」とかきます。直線と線分の場合は、直線ABでも直線BAでもどちらも同じ意味になります。

 一方、半直線の場合は対称でないので、半直線ABと半直線BAは区別されます。

半直線の場合は、無限に伸びる方の点を最後に書きます。

以下のように点A,B,Cがあります。直線AB、線分BC、半直線CAを図に記入してください。

問

半直線の方向は注意が必要です。

問題の指定通り書くと以下のようになります。

解

著者:安井 真人(やすい まさと)