おすすめ

学習する際に役立つおすすめアイテムを紹介します。

イス

学習していると、学習時間に比例して椅子に座る時間も長くなります。ですから、自分の体にあったイスを選ぶことは、学習効率を上げるのに重要です。実際に、わたしはイスにはこだわるようにしています。そこでいろいろ探した結果、アーロンチェアというイスを現在使っています。アーロンチェアは細かい調整が可能なので、自分の体にフィットさせることができます。そのため、イスに長時間座ってもあまり疲労がたまらなくて快適です。値ははりますが、それだけの価値はあると思います。

>>アーロンチェアのレビューをアマゾンでチェックする

パソコン

もはやパソコンは学習に欠かせません。とくにプログラミングは必ず使えるようになる必要があります。パソコンはたくさん種類がありますが、わたしはMac Book Airをおすすめします。Macbook Airは、薄くて軽くて使いやすいです。また、MacならブートキャンプによりWindowsを搭載することも可能です。Macbook Airを購入して、Windowsを入れてMacとWindowsを両方使えるようにしておくといいでしょう。あと、CPUとかメモリとかHDDとかは、 一番安価なものでOKです。お金があれば、最も高いものを買えばいいのですが、初学者にそこまでスペックの高いものは必要ありません。プログラムを組める ようになって、必要性が生じたら買い替えましょう。

>>Macbook airのレビューをアマゾンでチェックする

タブレット

 気軽にホームページをみながら学習したいなら、パソコンよりタブレット端末を使ったほうが便利です。起動が早く、すぐにネットにアクセスできます。また、PDF化した書籍も入るので、教科書をBookScanなどで電子化してiPadだけを学校にもっていくと通学が楽になります。タブレットは何種類かありますが、わたしはiPadを使用しています。というのも、Macbook Airと相性がよく、画面のサイズも大きくて見やすいからです。プログラムやレポートの作成などの書き仕事はMacbook Airでやって、学習の際のウェブ閲覧はiPadでやると効果的に学習がすすみます。

>>iPadのレビューをアマゾンでチェックする

 

筆記

日本では、なぜか鉛筆やシャーペン、消しゴムを使って、ノートをとっています。しかし、ノートの内容を消去することは不正につながるので、使用しないのが常識です。よって、鉛筆、シャーペン、消しゴムはノートの記述に使うべきではありません。間違いをノートに残すことにより、思考の流れを追うことができるというメリットもあります。そこで、ノートはボールペンや万年筆で書くことをおすすめします。これらの筆記具は、摩擦を少なくする効果があるので、握力のない子供でも簡単にかくことができ労力を低減できます。

>>ボールペンのレビューをアマゾンでチェックする

ノート

ノートはB5がふつうだと思いますが、A4を使いましょう。大きいノートの方が、いろいろ書き込めるので使いやすいです。

>>ノートのレビューをアマゾンでチェックする

実験ノート

 実験の際に使用するノートです。このノートは、ハードカバーなので、机がなくても記入ができます。また、しおり、目次、ノート番号、著名欄もあり、まさに実験ノートに最適なノートです。近年、特許や研究不正防止の観点より、実験ノートは研究者や開発者にとって非常に重要なものとなっています。このことから、実験ノートはいいものを利用するのが賢い選択でしょう。

>>実験ノートのレビューをアマゾンでチェックする