線型代数入門

 大学の数学と高校の数学では、何か大きくことなり挫折する方も多いでしょう。高校では応用数学が中心で、問題が解ければOKでした。しかし、大学では論理が中心で、数学の体系づけが中心となります。そのため、このギャップで挫折する人が多いのです。線形代数はまさに、大学で初めて学習する数学の体系です。ここでは、線形代数を体系づけてしっかり学べる教科書「線型代数入門」について紹介します。

本書の特徴

 「線型」という文字を使うことからわかると思いますが、本書は昔からある線形代数の教科書です。しかし、今でもよく線形代数の教科書として用いられています。それだけ、教科書としての質が高いといえます。

 本書はかなりコンパクトに線形代数の理論をまとめています。そのため、一度学習した後も教科書として使用できます。線形代数は物理・工学などあらゆる部分で用いられるので、とりあえず本書を購入して持っておくのはいいことだと思います。

本書の注意点

 本書の注意点ですが、内容は決して容易ではありません。おそらく本書だけでは、途中で挫折します。線形代数の授業を受けるか、わかりやすい参考書を読むか、本サイトを参考にするといいでしょう。わかりやすい参考書として以下のものをあげておきます。

最後に

 線形代数の理論は、はじめのうちは難しく感じるかもしれません。というのも、かなり一般化されているからです。その場合は、きちんと定義を例を参考にして理解し、自分で定理を一つ一つ証明していきましょう。才能は必要ないので、かならず理解できます。

著者:安井 真人(やすい まさと)