理系なら知っておきたい数学の基本ノート線形代数編の書評

 大学へ行くと必ず習う線形代数。線形代数は、物理や工学などでは頻繁に使用するため、必ず理解しなければならない科目の一つです。特に線形空間という概念は重要なので、マスターしなければなりません。

 線形代数の参考書の中には行列の計算で終わり、線型空間の説明がないものが多くあります。特に優しく解説している参考書に多い傾向がある気がします。本書は、それらの参考書とはことなり、線形空間についてわかりやすく解説してあります。

 内容はかなりわかりやすいので、「線形代数入門」という比較的難しい参考書を読んで理解できなかった人に本書を読むことをおすすめします。軸となる教科書を読みつつ、本書でわかりにくい場所を理解するという流れが最も効率のいい学習方法だと思います。

著者:安井 真人(やすい まさと)