Rのによるデータの入出力

Rを使って簡単な統計量を計算する方法とデータの入出力を紹介します。

データの入力方法

手動で入力

まずはデータを手入力してみます。Rを起動して以下のように命令します。

>A<-c(1,2,3,4,5)

c関数によって、ベクトルA=(1,2,3,4,5)が作成されます。このベクトルから

  1. 平均:mean(A)
  2. 中央値:median(A)
  3. 最大値:max(A)
  4. 最小値:min(A)
  5. 不偏分散:var(A)
  6. 不偏標準偏差:sd(A)

と様々な値を計算できるのでやってみてください。

 

エクセルのような行列形式で入力したい場合は、

>A<-c(1,2,3,4,5)

>B<-c(6,7,8,9,10)

>C<-c(“A”,”B”,”C”,”D”,”E”)

とベクトルをつくり

>Result<-data.frame(Kazu1=A,Kazu2=B,Moji=C)

とdata.frame関数を使います。そして、Resultを表示させると

>Result

Kazu1 Kazu2 Moji
1     1     6     A
2     2     7     B
3     3     8     C
4     4     9     D
5     5      10  E

と表示されます。

DATファイルを読み込む

では、DATファイルというタブで区切ったファイルを読み込んでみましょう。ちなみにCSVファイルはコンマ区切りです。

そのために、まずディレクトリを確認します。

>getwd()

これで現在のディレクトリがわかるので、その場所にCSVファイルを保存します。ディレクトリを変更したい場合は

>setwd(“ディレクトリ”)

で指定します。そして、以下のデータをメモ帳などでタブ区切りにしてファイルtest.datを保存してください。

X     Y
1     2 
3     4
5     6
7     8

あとは、

>DATA<-read.table(“test.dat”,header=TRUE)

とすれば、DATAに読み込んだデータが保存されます。ここでいうheaderとはX Yのことです。

もし、いきなりデータからなら,「header=FALSE」とします。

ファイルとして書き出す

ファイルとして書き出す場合は

>write.table(DATA,file=”new.dat”)

とすればOKです。

著者:安井 真人(やすい まさと)