細胞と分子

細胞の発見

 すべての生物は、細胞(cell)という単位からなるという共通性があります。ここでは、細胞がどのような経緯で発見されたのかや誰が発見したのかについて紹介します。

細胞の大きさや形

 生物は細胞という単位で構成されているという共通性があります。では、細胞の大きさや形もほとんど同じようなものなのでしょうか。ここでは、様々な生物の細胞の見た目(大きさや形)について紹介します。

生物の構成

 生物は細胞から構成されます。細胞から構成されるのはいいのですが、構成の仕方が生物によって様々です。ここでは、生物のからだの構成と分類に用いられる用語について解説します。

細胞の構成要素

 細胞は複雑ですが、部分部分をみてみると単なる物質の集合にすぎません。では、その物質の構成要素はどうなっているのかが気になるところです。そこで、細胞の構成物質がどのようになっているかを学びます。

 生体内で最も多い物質は水です。細胞においては少ないもので65%、多いもので95%も含まれています。よって、水について理解することは、生命を理解する上で極めて重要だということがわかります。ここでは水の性質について学習します。

タンパク質

 細胞はタンパク質という高分子化合物を使って機能を獲得しています。また、タンパク質の細胞内の量を変化させることで、様々な機能を調整します。病気の多くもタンパク質の質と量の異常によるものが多いです。そのため、タンパク質の研究は今もなお多くの研究者が研究を進めています。ここでは、このタンパク質の構造や性質について学びます。

炭水化物

 炭水化物は私たちが動くためのエネルギー源になっており欠かせない栄養素です。一方、摂り過ぎると肥満の原因となるため、炭水化物の摂取に過剰になる人も多いことかと思います。ここでは、エネルギー源である炭水化物について解説します。

脂質

 脂質ときくと、脂肪を連想しダイエットの天敵!?と思われる方も多いかもしれません。しかし、脂質は生体にとって欠かせない物質の一つであり、大切な物質です。例えば、細胞膜の主要物質が脂質に当たりますし、細胞における情報伝達にも使用されています。ここではこの脂質がどのようなものかや単純脂質や複合脂質について解説します。

原核細胞と真核細胞

 細胞を分類する際、よく核があるかどうかで区別されます。核とは遺伝情報であるDNAの入った容器のことです。この核がある細胞を真核細胞と呼び、核がない細胞を原核細胞と呼びます。ここではこれら原核細胞と真核細胞について学びます。