関数

 入力に対して決まった出力を返すものを関数といいます。関数には様々ありますが、基本的な関数である1次関数、2次関数、三角関数、対数関数などについて解説します。

関数

今回は関数について解説します。 関数とは入力と出力の関係を表したものです。 例えば、自動販売機でジュースを買うとき、お金を入れてボタンを押すと希望のジュースがでてきますよね。 この際 入力=お金をいれてボタンを押す 出力=希望のジュースが出る という関係があります。

ゼロ次関数

今回は関数の中でも最も簡単なゼロ次関数について紹介します。

1次関数

 ゼロ次関数の次に簡単な関数が1次関数です。1次関数は、簡単で応用範囲が広いのでよく使用されます。例えば、多くの曲線は1次関数で近似できます。ここでは、この1次関数について解説します。

2次関数

 1次関数の次に簡単な関数が2次関数です。1次関数よりは複雑ですが、1次関数とは異なる性質を学ぶのに便利です。ここでは2次関数の定義から、グラフのかき方まで解説します。

2次関数の最大値と最小値

 2次関数である現象が記述された際、最大値や最小値がどのような場合に実現されるのかは気になります。もしも最適値が見つかれば、その値を使用すればいいからです。そこでここでは2次関数の最大値と最小値の求め方について学びます。

2次関数の決定

 2次関数はいくつかの条件により規定されます。ここでは、様々な条件が2次関数に与えられた際に、どのような2次関数になるかを求める方法を解説します。

二次不等式

これまで学んできた2次関数の知識を使って、二次不等式を解いていきます。 基本的に、2次関数のグラフをかければ二次不等式は解けたようなものです。 気楽にいきましょう。

2次関数と1次関数の交点

2次方程式と1次関数との交点について計算します。 はじめに2次関数とx軸との交点を計算し、続いて2次関数と1次関数との交点を計算します。 2次方程式の解の公式を使うので復習しておいてください。

三角関数

三角関数

三角関数について解説します。

No Image

対数関数

対数関数について解説します。